スポンサー広告 > 奥ニセコ新見温泉本館
日帰り温泉 > 奥ニセコ新見温泉本館

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥ニセコ新見温泉本館

( ノ゚Д゚)こんにちは  

今日は ・・・ 快晴


今日は記事2本書きます。 


日帰り温泉ネタ。 



先週行ったところと昨日行った温泉書きます。(*゚▽゚*)



まず、先週行った奥ニセコ新見温泉本館
場所は
新見


*札樽自動車道を利用の場合、
小樽ICから国道5号線を倶知安・ニセコ方向へ走り、蘭越まで。

*国道230号中山峠を利用した場合、喜茂別・真狩・ニセコを通過し蘭越まで。
            ↓
 蘭越入り口 国道5号線沿いに 「新見温泉郷」 の看板有り。右折。
            ↓
 尻別川を渡り、道道268号線の交差点、看板有り。右折。 約15分で新見本館です。

 (冬期間の岩内方面から-新見間は通行止めです。(通常11月~5月まで)



山の中ですね。  
前に写真を撮った神仙沼に近いです。(*゚▽゚*)


本館のすぐそばにも新見温泉ってあります。今回は本館の方へ


ニセコ新見温泉 秘湯の宿新見本館
0136-57-5231
磯谷郡蘭越町新見1
日帰り入浴8時~21時
大人500円、中学生300円、小学生200円、幼児(1歳以上100円)
新見1

中はこんな感じ
新見2

お風呂は分かれています。 とりあえず 第一浴場へ  
新見3

・・・・・このあとは、写真ありません  (*゚▽゚*)

詳しくは↓ 
公式HP 新見温泉の歴史写真等見れます。

『日本秘湯を守る会』会員の新見本館は、明治45年創業の温泉宿で、
創業当時から今も尚「湯治療法」の意義を大切にして、
源泉かけ流しの温泉

泉質: カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉

泉源の温度は67℃
浴場内の内風呂の温度は40℃前後に設定
 
館内には第一浴場・第二浴場と造りが別に成った浴場二箇所、泉質は全く同じ。

新見本館のお湯は、
浴用するとリウマチ性疾患、通風および尿酸素質、創傷、高血圧症、動脈硬化症に適応
(効果は個人差あり)
 
施設は内湯の他、
67℃の源泉を床下に流しその蒸気を利用した天然蒸気風呂、
打たせ湯、超音波風呂、露天風呂あり
 
本館では、毎分300リットルの噴出量を誇り、
一度使った湯を濾過する等の再利用は行ってない。 かけ流しっぱなしヾ(@⌒ー⌒@)ノ
すべての風呂は噴出そのままの一番湯

入って良し、飲んで良しの温泉 ・・・・ (*゚▽゚*)


露天風呂   ちょっと温度が高い為 長風呂は注意したほうが(@_@;)b 良い!
新見4




山の中ですが 冬も営業しています。 泊まりがオススメです。 本当は





sacchan35さん http://www.car489.jp/ お借りしました。




管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。