スポンサー広告 > 潰瘍性大腸炎
病気 > 潰瘍性大腸炎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潰瘍性大腸炎

今から6年前の事・・・・・

その日は仕事が休みで、日ごろの疲れからか、外にも出ずに家で寝ていました。

気づくと、外は暗くなっていて、時間は午後7時過ぎていた。

なにも食べていなかったんで、適当に肉を炒めて晩飯を済ませた。

しばらくして、腹痛になり、トイレにこもる。 もともとお腹は弱い。

しかし、いつもとは明らかに痛みがちがう。便を出し終わっても何故かお腹が痛かった。

冷や汗もでてくる。やばい、ともかくトイレから前かがみになりながらも出て、ベッドに寝た。


まあ 寝れば治ると思い、やった行動だが、

ここから  地獄を見る

おれが生きてきた人生の中で、初めての痛み・・・

激痛 マジ 激痛

やばい・・これは・・・ヤベェ (-_-;)

明日、仕事ヤベェ しばらく入院間違いなし。の。。。 症状

とにかく、自力じゃとてもじゃないが、病院に行ける状態になく  119番にTEL

そのまま、救急車にて 搬送。 車内でも、揺れるたびに・・・

激痛 声に出るくらい 超痛い  (>_<)

病院に着き、ストレッチャーに乗り、即検査・・・ ケツを出し、レントゲンみたいな機械で腸の状態を確認後、

おれの肛門から 管を挿入・・・  あっっ~  挿入後 激痛が治まり、少し楽になる。

痛みから解放され、ふと医者の顔を見ると・・・・・

女医 しかも 若くて 美人だった。(-_-;)

見られたし 挿入されたし、   恥ずかしいし

まあ これからもっと恥ずかしいことだらけだけどね。

 痛みの原因は、大腸の左側の一部が腫れ、腸閉塞気味で苦しく、痛かったみたい。

その後しばらく、ケツから管が入った状態で、入院決定ですわ。 しかも食事できず、絶食・・・(悲惨)

2・3週間後、大腸カメラの検査で、腫れの原因が判明。 病名は・・・・・ ナント、2つ

まず、1つ目・・・・・

大腸ガン

2つ目・・・・・

潰瘍性大腸炎  



この潰瘍性大腸炎は、10代から30代に多い病気で、しかも・・・完治する薬がない病気 

すなわち 難病 みたいっす

通常は潰瘍性大腸炎の診断後、 大腸がんになりやすいらしく、 おれみたいな状態の人は、少ないらしい。

貴重

そんなこんなで、大腸の一部がガンである為、その部分を切除(10~20cm)(ちなみに 

大腸は真っ黒になっていたらしいですわ)。(自分は見てない) 


その後退院、だが、月2回 2泊3日の抗がん剤治療。 (これは、ガンの治療)

潰瘍性大腸炎は プレドニン系の薬で 潰瘍を抑える。 そして、食事療法。

油もの(牛肉・豚肉・さば・しゃけ・乳製品など)、刺激のあるもの(トウガラシなどの香辛料・コーヒーなど)

食物繊維が豊富な食品の制限。(そば・ラーメン ) これ、食べるものない。  

その時、おれが主に食べていたものは、 とうふ・うどん・モヤシ・とりささみくらい・・・・

何だこれ


の生活・・・4ヶ月。を過ごした。 まだつづくよ。 















管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。