FP2級資格取得 回想 > 最後のテキストの前に 提案書課題提出!

最後のテキストの前に 提案書課題提出!

提案書とは、FPの仕事のメインとなるものです。
顧客の将来の夢・希望・老後資金などの確保、実現をする為の提案をしていきます。


ユーキャンの教材の中に、提案書作成キットがあり、これを使って課題提出です。


〈課題概況〉

プラン作成にあたっての希望

(1)手元資金で住宅ローンの繰上げ返済したほうがいいか?のアドバイス
(2)加入している生命保険の見直し。浮いたお金を貯蓄に回したい。
(3)退職後、セカンドハウスを手に入れたい!家庭菜園を楽しみたい。
  1000万程度の予算を見込んでいる。どうすれば、実現できるか。
(4)妻がパートで働いたほうがいいのか?セカンドハウス費用や老後 の生活費も勘案して
  働く必要性があるのか、検討して!

結構贅沢ですよね。この内容・・・・・・・ (ーー;) まぁ 問題だからいいけどさぁ




【鈴木家データ】 平成21年12月31日現在     【金融資産】
・和男43歳  本人会社員 (年収800万)        普通預金   105万 
・夕子39歳  妻専業主婦                  定期預金   200万
・健司11歳  長男小学五年                定額預金   200万
・紀子 8歳  長女小学二年                米ドル建MMF 45万      

【住宅ローン】
種類       :  銀行住宅ローン(固定金利型)
名義       :  鈴木和男
借入金額    :  3000万(元利均等返済、団体信用生命保険加入)
借入残高    :  28,273,095円(平成21年12月末現在)
借入時期    :  平成20年1月返済開始
借入金利    :  固定 2.7%
返済期間    :  25年
毎月返済額   :  137,610円
最終返済時期 :  平成44年12月 

【保険】
定期保険
(全期型・特約なし)                  医療保険(終身型)                                契約先       :A生命                    :B生命                                                  契約日       :平成10年1月                :平成19年1月
契約者       :和男                     :和男
被保険者     :和男                      :和男
保険金受取人  :夕子                      :和男
保険金額等    :死亡保険金5000万            :入院給付金:日額5000円
保険期間      :60歳まで                  :終身                                     保険料払込期間  : 60歳払込満了              :60歳払込満了
保険料/月     : 20,000円                  :7,500円
 
 
学資保険(18歳満期)                       学資保険(18歳満期)
契約先       :C生命                     :C生命                                                  契約日       :平成10年1月                :平成19年1月
契約者       :和男                      :和男
被保険者     :健司                      :紀子
保険金受取人  :和男                      :和男
保険金額     :300万                     :300万
保険料払込期間  : 18歳払込満了              :18歳払込満了
保険料/月     : 15,000円                  :15,000円


【損害保険年間保険料100,000円】
・基本生活費   240万
・教育費      健司35万  紀子35万
・その他支出   72万
・家族旅行    40万(3年ごと)
・車の買換え   180万(5年毎に買換え)   


【教育費】参考データ年間です。
小学校 35万     中学校 50万   高等学校 55万  大学 100万


これ以外にもデータあります。(退職金・年金)


 このデータを使って提案書作成します。 
とても難しそうですが、提案書作成ナビなるものがあり、その内容通りに
作成用の提案書に書き込んでいきます。

ほぼ書き写しで~す。 (@^^)/~~~

・プラン作成の目的文章を書く
・顧客のプロフィールを記入
・住宅ローン・保険・教育費・現在の収入と支出、今後の収入と支出予定のデータ記入
・プラン作成にあたっての希望を記入
・今現在のキャッシュフロー表作成 (お金の現状分析)
・問題点の記入
・解決のための対策記入
・効果および注意点記入
などです。

鈴木家は、このままの生活を続けると・・・・・・・

平成39年から年間収支が継続的に、赤字になります。(^_^;)   大変です!!
貯蓄残高が、和男64歳で底をつきます。70歳時点で1364万円マイナスとなる!!


【問題点の分析と対策】

Ⅰ『問題点』 住宅ローン
 和男チャン60歳で、定年退職以降に6年分の住宅ローン残ります!!退職後は、貯蓄を
切り崩して対応しなければなりません。負担大!!

『対策』
 手元資金での、繰上げ返済をお勧めです!
返済額350万円の場合

『効果』
①返済期間の短縮  3年9ヶ月(45回)分になる。 62歳で完済します。
②利息総額の軽減  約269万円!!


Ⅱ『問題点』 生命保険
 現在加入中の定期保険、死亡保険金額が5000万円は過剰!

『対策』
 残された家族の為に、沢山お金を残したいと思うのは当然ですが、
和男に万一が遭っても、住宅ローンは、団体信用生命保険に加入しているので、
万一があったら、保険金でローンは相殺されます。つまり、ローンが無くなります!!
なので、5000万の保険にかける必要はない。 2500万円でOKです。


『なぜ2500万円か?計算例』 (゜_゜>)

①遺族が生活していくときに必要な金額の計算 ※(鈴木家の場合です。)

紀子8歳(長女)が独立までの生活費  312万円 × 70% × 14年  = 3,058万円
紀子が独立後、夕子(母)の生活費   312万円 × 50% × 33年  = 5,148万円
健司(長男)と紀子(長女)の教育費   健司780万円+紀子885万円 = 1,665万円
予備費(葬儀費・リフォーム費など)                       = 1,000万円
                                   合計= 10,871万円

②すでにあるお金及び受け取れる予定のお金
 
夕子が受取れる予定の公的年金               (A+B+C+D)  = 6,551万円
死亡退職金                                       =  700万円
学資保険の満期保険金              健司300万+紀子300万  =  600万円
金融資産                                         =  550万円
                                   ②合計 = 8,401万円

A 遺族基礎年金 (年金上の子のある妻に支給)
  ・子2人の場合 125万×7年=875万
  ・子1人の場合 102万×3年=306万

B 遺族厚生年金 (妻に生涯支給される)
  ・60万×47年=2,820万 (※47年とは平均寿命から算出)

C 中高齢寡婦加算 (夫が死亡した時『末子が18歳の年度末に達した時』40歳以上で
                       遺族基礎年金を受給していない妻に65歳まで支給)
  ・60万×15年=900万

D 夕子の老齢基礎年金 (妻自身の老齢基礎年金が65歳から生涯支給)
  ・75万×22年=1,650万

③備えとして必要な資金(要するに生命保険の保障額)
・①10,871万円 - ②8,401万円 =  2,470万円 で ・・・・・

2,500万円でOKとなります。(^ム^)


『効果』
定期保険の保険金額を2,500万円に減額することによって、月の支払い保険料が、
2万円から1万円に減額。

よって、定期保険の保険料が、年間12万円削減!!

年間保険料の合計が79万円から、12万円減り、 
67万円となる。


Ⅲ『問題点』 セカンドハウス取得に向けて
退職年の予想貯蓄残高は、約1,761万で、セカンドハウス購入可能に見えますが・・・
退職後、無収入期間があり年金受給開始後も、年間収支は赤字が続きます。
貯蓄は減少するばかりです。
また、退職金、年金額も今後、不確実です。

『対策』
セカンドハウス取得には、妻夕子のパート収入が必要になります。
年間96万円ほど

『効果』
妻 夕子が、和男の定年退職まで、16年間パートで働き続けられることで
総額約1,536万円の収入増が図られる。






このような課題を作成し 提出です。 一様合否あります。  (゜_゜>)


合格すると、後日  AFP認定研修終了証明書が届きます


これで晴れて、2級FPの試験が受けられます。  


もちろん 合格してAFPの証明書届きましたよ。 (@^^)/~~~



感想
これ結構めんどくさかったです。 文章書くのが!  (^_^;)








  
 










管理者にだけ表示を許可する